高い住民税に苦しんだ日々

国民の義務のひとつ、納税。
納税はとても大事なものですが、国民の側にもそれぞれいろいろな
家庭や経済の事情があって、うっかり・やむをえず
滞納してしまうこともありますよね。

税金を滞納してしまったときにはどうしたらいいのでしょうか?
なかなか簡単には人にも相談しづらいことなので、
ひとりでお悩みの方も多いかもしれません。
でも、悩んでいるだけでは、ただただ時間が過ぎていって
よけいに事態が悪化していくだけ…

このサイトでは、税金の滞納に悩む方に役立てていただくために
税の滞納の経験のある方々の体験談や
現在滞納してしまっている人へのアドバイスを紹介しています。

こちらは、30代女性の体験談です。
この方は住民税を滞納していました。

私は、娯楽施設の店員をしている30歳です。
パートなので時給制で、月給は12~15万円ほど。
母とアパートに二人暮らしです。
母は持病を抱えていて、現在は休職中です。

高い住民税に苦しめられる

住民税を4期め分を3ヶ月ほど滞納しました。
4期の支払いは1万7千円です。
住民税には1~4期があって、
3期まではなんとか支払いは終えていましたが、
1~3期を払うときも若干の滞納期間はありました。
そちらは1,2週間ほど支払いが遅れました。
4期目だけは大幅に滞納してしまいました。

私は、独身ということもあってか住民税が高かったのです。
振込用紙が来た時にびっくりしました。1年分で約7万円です。

休職中の母を養うためにも出勤日数を増やしていったのですが、
収入が増えてくると同時に住民税も上がっていき、
正直「これだけ払えるならこんなに貧乏していません」
と訴えたいくらいの金額だ、と個人的には思いました。

それでも1~3期は少々遅れながらも納められていましたが、
4期目を払わなければならない頃、
諸事情でその他いろんな出費がかさみ、
住民税の支払いまで手がまわらなくなってしまいました。
払わないつもりはありませんでしたが、
住民税よりこっち先に払わなきゃ、とやっていたら
3ヶ月も滞納してしまいました。

最後には赤い紙の督促状が

最初はハガキ1枚で「支払ってください」程度の督促がありました。
その後は封筒入りの黄色い紙での督促になり、
最後にはついに赤い紙で督促がきました。

赤紙で督促が来た頃にはなんとかお金を工面できたので、
市役所に支払いに行きました。
お金は祖母から一時的に借りて、その後返す約束をしました。
滞納した分お金を取られるかと思いましたが、それはありませんでした。

やむをえないときほど市役所などに相談を

どうしても支払えない、やむを得ない理由があるのなら、
市役所などに相談した方がいいと思います。
滅多にないでしょうけど、差し押さえなどもないとは限らないので。
私はなんとかなりましたが、どうしようもない、頼る人もいない、
という方ならばなおのこと公共機関に相談するしかないと思います。